注文住宅完成までの流れ

注文住宅を建てる際に取るべき段取りとは?

注文住宅を建てる際は、自分が納得する家を建てられるようにしっかりと段取りを組まなければなりません。

まずはモデルハウスでどんな家が紹介されているかを見に行きましょう。ハウスメーカー、工務店に依頼する際にどんな家を建てたいか、イメージが伝えやすくなります。それから資金計画や家の間取りなど、具体的な家づくりの計画を練る段階へ。見積もりを確認して、納得がいけば契約し、着工になります。

注文住宅の平均的な工期とは?

新築住宅が出来上がるまでの工期は、平均で6ヶ月かかると考えてよいでしょう。

ここで挙げている工期の平均日数は、建築を依頼した工務店やハウスメーカーなどによっても変わってきますし、住宅を建てる土地と環境によっても変動します。工務店、ハウスメーカーに工期について確認する際は、着工から完成までどれくらいかかるのかを聞いておくと良いでしょう。

工期が短い場合は、あらかじめ建材をカットしておくなど事前に作られた製品を使うなどして、工期を早めている場合があります。工期が早く、コストも抑えられることがありますが、その分、自由度がなくなることも意識しておきましょう。

建築会社別でみると工期に違いが出る?

建築会社の種類によっても工期が変わってきます。

ハウスメーカーの工期は大体3~4ヶ月と早め。簡単な設計の住宅であれば、1ヶ月で完成させる場合もあるのだとか。土地探しで1ヶ月かかったとしても、2ヶ月ほどしかかかりません。

住宅設計にこだわりを持つ工務店や設計事務所などであれば、6ヶ月以上はかかると考えたほうが良いでしょう。「長く暮らす家」づくりですので、こだわりを詰め込むと思います。その分待つ時間はかかりますが、楽しみな期間でもありますよね。

価格によっても工期が変わってくる?

工期はどれだけ費用をかけているかによっても変わってきます。

コストカットに重点を置いた住宅は工期が平均に比べて短い状態に。これは工期を抑えることで人件費を抑え、建築費用を安く済ませることにつながっています。時間もコストの一部ですから、低価格で提供される住宅ほど工期が短いと考えたほうが良いかもしれません。しかし、一部では無理なコストカットのために住宅トラブルも絶えないようです。コストカットと工期短縮を意識して建築する場合は、工務店の建築方法にも気を配らなければなりません。

反対に住宅の細部までこだわればこだわるほど工期が長くなります。しかし建築に使う材料によっては工期の短縮も可能になっているようです。

建てる住宅のイメージを伝えても、建築会社によって違いが出てくることがわかるでしょう。

工期が短い住宅は完成が早い分デザインの自由度が低いといえます。

天気によっても工期が左右される?

工期は天気によっても左右されていきます。

基礎工事は天気の状態を見て打設や養生などを行うので、梅雨時期や気温が高い時期に差し掛かった場合は工期の変更が出てきてもおかしくありません。松阪市は梅雨時期だけでなく、9~10月の秋ごろにも雨が多い地域です。この時期の基礎工事は外して行えば工期が遅れずに済むでしょう。もし着工時期が雨の時期に重なる場合は工期がどうなるのか、あらかじめ工務店やハウスメーカーに確認しておくのが無難です。

こだわりの家を実現
【注文住宅】松阪市の
おすすめ工務店を見る

PICK UP

イメージ

家族で気持ちよく暮らせる家をつくるなら、建物を建てる素材とデザインにはこだわりたいですよね!体に優しい自然素材で家を建ててくれる工務店の中から、デザイン別におすすめの3つの会社を紹介しています!

【注文住宅版】
松阪市の
おすすめ
工務店
3選をチェック!