【松阪市】注文住宅ガイド » 松阪市に家を建てるなら知っておきたい事 » 【特集】松阪市に家を建てるなら耐震性を意識しよう

【特集】松阪市に家を建てるなら耐震性を意識しよう

松阪市も地震の被害が想定されている

南海トラフ地震は、東海地方を中心に必ず起こるといわれている大地震の一つです。被害は東日本大震災よりも大きくなるといわれています。30年以内に南海トラフ地震が発生する確率は70%と、決して低い数字とはいえません。

松阪市も南海トラフ地震の被害を受ける地域といわれているため、注文住宅を建てる際には耐震性が重要視されています。注文住宅を建てる際の耐震性の高さは、どこで比べれば良いのでしょうか。

耐震等級が高い住宅は地震に強い

木造住宅の場合、「耐震等級3」であれば地震に強い住宅が建てられます。

耐震等級とは、国が定めている「住宅性能表示制度」によるランクのこと。建物がどれくらいの震度に耐えられるかを3段階で表したもので、採用するかは建築会社にゆだねられています。最高レベルの等級は「3」。耐震等級1の1.5倍の耐震性能があり、消防署や警察署などの拠点となるような建物に相当するレベルです。

熊本を襲った大地震の際、最も揺れが激しかった地域では築浅の住宅も完全に倒壊してしまったケースが目立ちました。柱が傾いてしまい、修理が不可能になったケースもあります。

そんな中、「耐震等級3」の評価を受けた家屋は住宅被害がほとんどなく、揺れが強かった地域でも倒壊はほぼゼロに近かったそうです。

木造と鉄骨で耐震性は変わる?

現在建築が進められている建物のほとんどは鉄筋コンクリートや軽量化が進んだ鉄骨などが使われています。その一方で木造は耐久性が低いのではないかというイメージがあり、建築の際に木造建築を選ばないという方も少なくありません。

鉄骨に負けない木造のメリット

木造住宅は、文字通り木材で造られた住宅です。「木材」というと「地震に耐えられない」「災害に弱い」というイメージが湧く方もいることでしょう。しかし、現在は木造住宅でも耐震性が高い家が続々と生まれているのです。

木材は一定の強度とともに柔軟性も持ち合わせています。そのため、地震の揺れには強いといわれているのです。対して鉄骨は柔軟性がほとんどありません。強度が高かったとしても柔軟性でカバーできる部分がないため、予想外の衝撃には耐えられない可能性があります。その点が木造の優れている点といえるでしょう。大地震を何度も経験している日本で、未だに木造建築が選ばれ続けているのには、このような理由があるのです。

最近では木造の強度をさらに高める工法も開発されました。これにより木造住宅の強度はさらに高まることでしょう。

PICK UP

イメージ

家族で気持ちよく暮らせる家をつくるなら、建物を建てる素材とデザインにはこだわりたいですよね!体に優しい自然素材で家を建ててくれる工務店の中から、デザイン別におすすめの3つの会社を紹介しています!

【注文住宅版】
松阪市の
おすすめ
工務店
3選をチェック!